第8回みはらしの丘小学校卒業式に出席して  自治会財務 髙橋

こんにちは。はじめまして。
みはらしの丘自治会財務の髙橋正好と申します。
改めて、卒業生とそのご家族の方にお祝いを申し上げます。去る3月18日のよき日に、第8回みはらしの丘小学校の卒業式に来賓(らいひん)として初めて出席させていただき、感動することが多々ありましたが、そのうちの三点について述べてみたいと思いす。

  一つめの感動は、卒業生一人ひとりが大きな声で元気に返事していたこと。大きくなって社会に出ても、よい返事は、挨拶と共によい人間関係を作り出します。その気持ちをいつまでも持ち続けてください。それと、常に感謝の気持ちで接すると更に豊かな人生を築けることでしょう。
二つめは、生徒の送辞と答辞が各々の各代表者ではなくて全員参加的であったこと。一人ひとりが主役で、喜びや感謝の気持ちをお互いに伝えあい、見事にバトンタッチされました。みはらしの丘小学校の歴史の1ページを飾ることでしょう。
三つめは、鈴木校長先生の歓送の祝辞が素晴らしかったことです。先生の仰られた内容は次のような3つのことだったと思います。
1、できるのだ、やれるのだとの気概(きがい)をもって物事に取り組むこと
2、楽しんで継続すること
3、自分に合ったペースで進めること
若ものは無限の可能性を秘めています。これらの言葉を糧(かて)に希望を持って前進すれば良い未来が開けるでしょう。
皆様の今後のご健康とご活躍をお祈りいたします。 鈴木校長先生の御言葉はいくつになっても当てはまることだと思います。私事ですが、2年前会社を卒業し第二の人生をスタートしたばかりです。これまでの会社人生と全く違った道を探しておりましたが、まさにこの鈴木校長先生の言葉がぴったりと当てはまる気がします。
1.については、星空案内人として皆様に星空、宇宙の魅力を少しでも感じていただけるような活動をしたいと思っており、星を見る環境に好適なこの‘みはらしの丘’を星を見るメッカにしたいなと。ゆくゆくは天文台ができないものかなどと考えているところです。これから天気の良い夜、はらっぱ館前広場あたりで、望遠鏡で月や星、星団、星雲などを見る機会を作り
たいと思います。その時はぜひ見にいらしてください。それ以外でも、見たい時は声を掛けてください。
2.については、現在はらっぱ館で‘ミニ天体写真展’を開かせてもらっていますが、まさに楽しんで継続を実践していると思っております。一緒に楽しんで見ませんか。
3.については、急がず、じっくりと皆様のご理解・ご協力を得ながら、みはらしの丘で星を見る会が広がっていくように努めていきたいと考えています。
このような活動ができたのは、みはらしの丘の皆様の、とりわけはらっぱ館のご厚意、みはらしの丘自治会様、みはらしの丘小学校様。PTA様のご協力のたまものと思っております。 御礼を申し上げますとともに今後ともよろしくお願いいたします。
長々と駄文(だぶん)をしたため失礼いたしました。ご笑読(しょうどく)ください。